立体を伝えるインターフェイス

今回紹介するのは、認識した立体的な形状を格子状に配置された「棒」の動きによって再現するインターフェイス「inFORM」の紹介動画です。
スマホで文字を遠隔地の相手に送ったり、画像や動画を送ったりするのは、当たり前の技術として普及しています。しかし、立体的な「形状」を送信することはまだ実現していません。今の所、データが表示されるのはほとんどの場合平面ディスプレイだからです。

しかし、MITが開発しているこのインターフェイスは、立体的な形状を認識して、その立体物の情報を遠隔地に送ることができる技術です。動画にある通り、格子状に配置された棒が形状に合わせて飛び出すことにより、立体的な形を再現することができています。

これはいわば、ディスプレイ上の「ドット(点)」が飛び出してきて、目の前に立体を形作るようなものです。現在はまだドットが荒く、形状の伝達は大雑把なものですが、データ処理技術や認識技術が向上すれば、ドットをもっと細かくすることはできるはずです。